私たちの意識は

・顕在意識

・潜在意識

の2種類に分けることができます。

 

2種類の意識について

顕在意識とは

私たちが意識できる範囲の意識です。

例えば、お腹が空いた、車運転しよう、どこか出かけようなどです。

これは無意識ではなく自分が考えて行動していますよね。

 

なので普段私たちの意識は顕在意識によって行動していることになります。

顕在意識は意識の約5%と言われています。

 

 

潜在意識とは

私たちが意識できない範囲の意識です。

例えば、人が怖い、人生は波乱万丈でなければならないなどです。

 

「そんなこと考えているはずはない!」

と思っていても自分ではほとんど気付くことができず、

またコントロールするのも難しいです。

 

潜在意識は意識の約95%と言われています。

 

顕在意識=表側の意識

潜在意識=内側の意識

と思っていただけるとわかりやすいかと思います。

 

 

潜在意識の重要性

私たちの人生は自分がどんな思考を持ちどんな感情を感じているかで

人生は創られていきます。

 

じゃあ毎日幸せだと思い、そして幸せな感情を持っていたら

いい人生を送れるんでしょ?簡単じゃん!

 

と思う方がいらっしゃるかと思いますが確かにそうです。

ですがその思考や感情は心の奥底から、

つまり潜在意識から感じることができているのか

ということが重要となってきます。

 

 

下記の図は顕在意識と潜在意識を表した図です。

顕在意識と潜在意識について

氷山の一角で表すとこのような図になります。

私たちの意識は顕在意識が全てだと思いがちですが

実は潜在意識の方が多くを占めているので潜在意識の方が重要となってきます。

 

なので先ほどの幸せの感情を持っていればいい!という話に戻りますが、

顕在意識でいくら幸せを願っていても

潜在意識で幸せになるのが怖い、幸せになってはいけない

と思っていると幸せとは反対の道を進んでしまうことになってしまうのです。

 

 

自分のパターンを知ると見えてくる

自分の潜在意識にどんな思考が入っているのか知りたい!

という方はこれまでの人生を振り返ってみたり

自分の感情が揺れ動いた時をチェックしてみましょう。

 

例えば小学校や中学校、あるいは社会人などの環境の変化があっても

なぜか恋人ができない…という場合は

もしかして恋人を寄せ付けない思考やブロックがあるかもしれません。

顕在意識と潜在意識について

あるいは挨拶をしない人や仕切ってくる人に対して

なぜかわからないけど異常に腹が立ったりなど

特定の人に感情が大きく揺れるときにも

何かしら自分の思考が働いている可能性があります。

 

 

 

思考はいつ潜在意識にインプットされるの?

では私たちの人生を左右する思考はいつ潜在意識にインプットされるのでしょうか?

その多くは幼少期にインプットされることが多いと言われています。

何故かというと幼少期の頃は脳がシータ波になっているからです。

 

このシータ波は潜在意識に繋がる脳波なため、

この間に周囲の環境や言われた言葉がダイレクトに潜在意識に入っていくのです。

顕在意識と潜在意識について

例えば幼少期の頃にたまたまつけていたテレビで

男女の喧嘩のシーンを見てしまった場合。

「男の子と女の子は喧嘩をするのが当たり前なんだ」

と潜在意識にインプットされると

恋人と喧嘩をすることが多い人生になるかもしれません。

 

また幼少期以外にも関係してくるのが

ご先祖様から引き継いだ思考や過去世から引き継いだ思考もあります。

なので実際に思っている以上にたくさんの思考があることになります。

 

 

 

顕在意識と潜在意識を一致させよう

私たちの人生をより良くしていくためには

顕在意識と潜在意識を一致することが大切です。

すると人生は自分の思考次第でどんどん良くなります。

顕在意識と潜在意識について

「私の運命は決まっているから…」

と思わずに

「自分の人生は自分で創る!」

と決意するところから始めていきましょう!