ふとした時の思考が現実化される恐ろしい事実とは?

みなさんこんにちは。

潜在意識を変化させるカウンセラーえりです。

 

 

みなさんは

思考は現実化される

という言葉を聞いたことはありますか?

 

思考は現実化されるというのは簡単にいうと

自分が思っていることや感じている感情が

現実として現れることを言います。

 

私は25歳ごろまでは全く知らなくて、

むしろ

「思考が現実化されるなんて嘘だ!」

なんて風に思ってました^^;

 

ですが思考が現実化されることを知ってから

「もしかしてそうなのかもしれない…」

と思うようになり、早速日常に取り入れていきました。

ふとした時の思考が現実化される恐ろしい事実とは?

 

 

思考が現実化されるということは、

思っていることが現実化されるということなので

いつも幸せなことを考えるようにしていました。

 

・仕事が順調で毎日楽しいな♪

・今度彼に会ったらこんな話をしよう!

・お金もたくさんあって嬉しい!

 

など自分にとって理想の未来をイメージしていたのですが

この反対の望んでいない現実が出てくるように…。

 

「え、なんで?思考は現実化されるんじゃないの?」

と思ったのですがよくよく考えると確かに現実化されていました。

 

その理由を知ったのはとあるカウンセラーさんの一言でした。

「ふとした時の思考の方が現実化されやすいです」

「なぜならふとした時というのは無意識だからです」

 

これを知ってから意識していないふとした瞬間にも

気を配るようになりました。

 

するとどうでしょう?!

・はぁ…疲れた。もう仕事したくない。楽しくない。

・彼から全然連絡来ないんだけど!いい加減にしてよ!

・お金またなくなっちゃった…

などの思考や

不安、怒り、悲しみ、寂しさ

などの感情も一緒に感じていることがわかりました。

 

 

こんなにも感じていたらそりゃ思っていることの反対の現実が

創り出されますよね(^_^;)

 

しかも気付いた時にはすでにこのようなことを考えているということは

もっと前から考えていた可能性があるってことです。

10分前から考えていたこともありますし、

もしかして1時間前から考えていたか可能性だってあるってことです。

 

 

みなさんはいかがでしょうか?

思考が現実化されるは正しい法則です。

自分が嬉しいことや楽しいことを引き寄せるのももちろんですが

反対の悲しいことやショックなことも引き寄せます。

 

こういった部分をコントロールしていくためにも

ふとした瞬間にも気を配ってみたり、

願っていることと反対の出来事が起きたら

「もしかして違うことを考えているのかもしれない」

と振り返ってみてもいいかもしれないですね。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です